14.植毛後の発毛

せっかく植毛をしても、発毛から脱毛へと向かうサイクルの中で定着してくれなければ元の木阿弥である。最近は技術が進歩したとはいえ、やはり植毛の際にはチクチクっとした痛みが伴う。何度も体験したい類のものでは決してない。植毛後に発毛する好循環にならねば意味がない。
幸い、昨今の植毛後の定着率は95%を超えるそうだ。しかし、これには長いスパンでみる必要がある。植毛後の発毛は1日にして成らず、というか1年ほどかかる。
どういうことかというと、まず最初に植えた毛は1ヶ月ほどで、植毛の際に出来るかさぶたのようなものと一緒に抜けおちてしまうのだ。これについてはそういうものだとしか言いようがないのだが、発毛へのサイクルの一端であって、休止期のプログラムと考えられている。その後、ようやく2ヶ月ほどすると毛穴が活動を始め、発毛も始まる。最初は新芽のように頼りなくか細い髪の毛だが、そこから半年ほどかけて健康な毛髪に近づいていく。しかし、それも徐々にである。最終的に満足していただける髪質になるには、植毛から1年ほどかかるというわけである。
このように、植毛をしたらハイ、終わり、というわけではないのである。発毛の喜びに到達するまでは長い年月、というか1年必要なのだ。

ページのトップへ戻る