12.女性のハゲ方と植毛

昨今では、植毛などの美容ブームが拡大を続けており、女性の植毛、またはカツラの需要というのが増えている。元来女性は、女性ホルモンが多いはずで、このホルモンは発毛に大きくかかわるものであるから、髪の毛の悩みは少ないはずなのである。しかし、昨今のストレス社会により、ホルモンバランスが崩れ、ホルモンが減少するなどして、薄毛に悩む人が増えている。そのため、植毛に関心をもつ女性も多くなる、というわけである。
薄毛にはタイプがあり、男性型、女性型というものがある。男性型というのは脱毛、いわゆるハゲる現象である。1つの毛穴には数本の髪の毛が生えているワケだが、その毛穴から全ての髪の毛が抜けおちることである。また、この男性型の脱毛というものは前頭部や頭頂部に起こることが多い。M字、カッパなどと言われるタイプのハゲである。これに対して女性型というものは、1つの毛穴から生える髪の毛が減るのである。脱毛というよりは薄毛であるといえる。しかし、先ほど述べたような男性型の脱毛が、女性にも増えているのである。
そんな悩める型に対する植毛は大変な作業になる。男性より女性の方がハゲというもののハードルが高くなっているからである。ヘアラインというのも特殊なので、まだまだこれからの業界のようだ。いまだに研究、発展の余地を残しているということだ。

ページのトップへ戻る