3.帽子やメンソールの影響

育毛や植毛を実践しているような毛髪への悩みを持つ方にとって、注意しなければならないことがたくさんあるのではないでしょうか。実際に薄毛の原因となることはあるのですが、そのすべてにおいて正しいとは限りません。科学的な根拠に乏しかったり、迷信に近いものもあるのです。

例えば、帽子をかぶることは薄毛につながるという話があります。ただどちらかと言うと紫外線のダメージの方が頭皮のためには良くないことから、直射日光を多く浴びるときには帽子を被ることで頭皮を守るほうが良いのです。ただし暑い日に帽子をかぶり続けてしまいますと、汗で帽子の中が蒸れてしまいますので、汗をこまめに拭くようにしましょう。そのあたりに注意することで、帽子が必ずしも薄毛の原因とはならないようにできるのです。

それから育毛にはメンソールなどの刺激が効果的という話もありますが、やり過ぎるのはあまりおすすめできません。あまりにも強い刺激というのは逆に頭皮へのダメージになってしまうからです。それと同時に、育毛には直接的な頭皮への刺激が良いとされていますが、こちらもやり過ぎは禁物なのです。頭皮へのマッサージなども有効な手段として使われますが、ほどほどにするように心がけましょう。様々な育毛法や育毛に関する情報もあふれているため、そうしたものに躍らされることなくしっかりと見極わめることが必要です。不必要なダメージを与えないことと、頭皮をいたわるようにすることが大切なことなのです。

ページのトップへ戻る