1.ばれない自然な仕上がり

薄毛といえば男性の悩みという印象が強いかもしれませんが、実際には薄毛の悩みを持つ女性というのは多く存在します。皮膚科を受診する方の中で、薄毛の悩みや植毛を希望する女性の比率は年々高まる傾向があります。

2009年のアメリカでのデータによりますと、植毛に訪れる患者さんの割合の中で、およそ3割が女性の患者であったとのことです。日本国内のあるクリニックでも以前は女性の患者さんの割合は2%ほどだったのが、全体の10%を超えるほどに増えています。昔から髪は女性の命と言われるように、若い時期だけでなく高い年齢になってからもおしゃれを楽しむ女性が増えてきたというのも、薄毛に対しての治療を受診する方の増加につながっているのでしょう。

さて、薄毛治療がばれない自然な仕上がりというのは、具体的にどんな仕上がりを言うのでしょうか。それは遠くから見て自然に見えることと、近くでじっくりと見た場合でも植毛をしたように感じられない仕上がりのことを言います。女性の場合一般的には、こめかみから丸みのあるカーブのヘアラインなのですが、男性の場合はこめかみとヘアラインの交差する角度が90度、もしくはそれよりも小さめのソリがある方が多いようです。それからヘアラインには不規則性があるため、先端から奥に向かうほど濃くなる傾向があります。ばれないヘアラインを作るためには、このような自然のフォルムを忠実に再現していく必要があるのです。

その他の悩みはコチラから

ページのトップへ戻る